時間的に可能であるサラリーマンの副業とは?

本業が終わった後、再び仕事を行うのは決して楽なことではありません。しかしこのような状況を望んでいるサラリーマンもいます。一般的にサラリーマンが本業を終える時間は夕方の5時から6時の間です。しかし残業がある可能性を考えれば、サラリーマンの副業は夕方から始まるものではなく、夜間に行われるものであるのがベストでしょう。この点で時間の心配をせずに行える仕事が倉庫作業です。

倉庫作業といっても様々な仕事がありますが、スーパーマーケットなどに商品を運ぶトラックは深夜に配送を行います。そして翌朝からそれらの商品をスーパーマーケットで販売できるようにするのです。このような状況から、夜間の倉庫ではピッキングの仕事が行われます。ピッキングとは各スーパーマーケットが注文した商品を台車などに積み、それをトラックに運び入れるというものです。一般的に深夜に配送が行われるわけですから、その前にピッキング作業が終了していなければなりません。そのためこの仕事は夜間に始まり、日付が変更される頃まで行われるのが一般的です。

このような状況を考えると本業を終えた後に行える仕事であるために、時間的にはサラリーマンの副業としても全く問題はありません。しかしこの仕事を終えて自宅に帰り、次の日の朝再びサラリーマンとして働くことは容易ではありません。そのためもしこの仕事をサラリーマンの副業としたいのであれば、自宅の近くにある倉庫で行うようにしたり、次の日が休みである金曜日や土曜日のみ行うようにするのがベストです。

台車に積む商品の中には重たいものもあります。またスーパーマーケットがたくさんの商品を注文していることもあり、そのような場合はスピードも求められます。そのため疲労や眠気と戦うだけではなく、筋力勝負の仕事でもあるのです。そのため無理するのではなく、上記で述べた条件を考慮しながらこの仕事をサラリーマンの副業とするかどうかを決定することが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ