お金儲けを考えることは決して悪いことではない!!

日本では、お金儲けのことを口にすると嫌な顔をする人が存在します。そして、皆がお金が全てではないと言うのです。もちろん、お金が人生の中で全てではないですが、かなり重要であることは確かです。貧困などとニュースでも言われたりしていますが、貧困とはお金がない状態です。貧困家庭の子どもは家庭環境がよくない、などと話題にものぼったりします。ということは、お金がない状態とは決していい状態ではないはずなんです。

積極的にお金儲けを考えることは、いい状態のことを考えているのと同じなんです。お金儲けをしたとしても、最終的にはそのお金を何に使うか、が重要なんです。もちろん、自分で稼いだお金であれば自分の自由に使えばいいのは当然です。ですが、世の中には妬みというものが存在するのは確かで、どこかで社会に還元できるようなお金の使い方をするといいかもしれません。

もし、貧乏な人が貧乏から脱却するためにお金を稼ぐことを考えても多くの人は否定的な意見をもちません。ですが、ある程度お金を持っている人がお金儲けのことを考えると、あの人は強欲だ、などと非難されることがあります。これはなぜでしょう。おそらく、お金を持っている人がお金を儲けるのは汚いことで、お金のない人がお金を儲けるのはいいことだと思いたい人が大勢存在するからでしょう。

お金がない状態とは、大変なことです。場合によっては、行きたい学校にも行けずに満足に勉強もできないかもしれません。お金がないために自分の選択肢が狭まることもあります。お金がある状態というのは、人に人生の選択のチャンスをより多く与えてくれるものです。人生の選択のチャンスが多い人と少ない人では、どちらが恵まれているか、といえば当然前者となるでしょう。

お金があっても、使い方次第です。お金は人生の全てではないですが、かなり重要なものです。お金はないよりは、あったほうが精神的に豊かな生活が遅れます。ですから、多くの人に積極的にお金を増やす方法を考えることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ