サービス業のお金儲けで忘れてはいけないこと

サービス業でお金儲けがしたいのなら、利用する相手の立場になって考えるということを忘れてはいけないです。これは当たり前のこと過ぎて逆に意識されないことかもしれませんが、いろいろなサービスを利用してみるとそれが行き届いていない場合を多くみかけます。

お金儲けという言葉と相手の立場になって考えるというワードは、どこか相反するように感じられてしまいます。お金儲けというと自分だけが儲かるようなイメージがありますので、そこへ第三者は介入できなさそうに感じられてしまいます。しかし、誰かからお金を支払ってもらうことによりどんなサービスも成り立っているのですから、それを耳に入れなかったらお金儲けすることもできないのです。

たとえば、ウェブサイトやアプリの利便性などもそれに当てはまります。たとえどんなに着想の良いウェブサイトやアプリであっても、利便性が悪ければユーザーは離れていってお金を落としてはくれません。人間は便利で使いやすいものを好む傾向にあり、そうしなければお金を払ってはくれないのです。

ウェブサイトやアプリはお客の声を聞くためのフォームがあったりしますが、それをお飾りにしていてはダメです。面白半分で意見してくるユーザーもいるでしょうからそのすべてを重要案件として取り扱うわけにはいかないのかもしれませんが、それでもユーザーの声を取り入れて改良していけば利便性は増していきます。

そうして利用しやすいサービスを提供することができれば、必然的にお金を落としてくれる機会は増えていくのです。人のために最善を尽くすことができれば売り上げは上がっていきますので、そうなれるよう相手の立場に立って何が必要なのかを正確に割り出していかなければなりません。それができずにふんぞり返っていると売り上げもピタリと止まってしまってむしろ反転してしまうこともありますので、お金儲けをしたいのなら謙虚にユーザーの声を聞いて改良していくことが必須です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ