サラリーマンの副業って?ライターの仕事で高収入を得てみよう

サラリーマンの副業って?ライターの仕事で高収入を得てみよう

近年の不景気な社会で副業を始めるサラリーマンの方が増加しているようです。
今回は私の知り合いのサラリーマンに副業体験談を書いていただきました。
会社に勤めながら副収入を得る生の口コミを聞いてみましょう。

サラリーマンの副業としてライターで稼ぐ

私はサラリーマンの副業としてライターをしています。
どんな文章を書いているかというと、主に中古物件のレポートです。

とある不動産会社から依頼され、地元で売りに出されている中古物件を巡り歩いては、一つひとつの物件について評価を書き連ねているのです。

私が書いた文章は、不動産会社の中古物件市場の分析に使われたり、不動産会社が出版している中古物件雑誌の記事になったりします。
記事自体は不動産会社が高値で買い取ってくれるので高収入な仕事となっています。

近年の不景気な中、会社の給料と副収入でだいぶいい生活ができているのではないかと思っています。

副業は不動産会社に勤めていた友人からの紹介

どうして私がサラリーマンの副業として中古物件を取材するライターをやっているかと言えば、友人が不動産会社に勤めていたからです。
彼は会社の上司から中古物件をレポートしろと命じられていましたが、それをうまくこなすことができずに悩んでいました。

そこで白羽の矢が立ったのが私です。

私は学生の頃は学生新聞の記者をつとめていましたし、文章を書くのが小さな頃から好きでした。
そのことをよく知っていた友人が、私にならできるかもしれないと、この仕事を回してきたのでした。

最初は戸惑っていましたが、せっかくお願いされたのだから挑戦してみようと思いました。
さらに高収入なお金が手に入るとなれば話に乗るしかありませんでした。

高収入を得る目的よりライターのやり甲斐を感じるように

とはいえ、中古物件のレポートなど私は今まで一度もやったことがありません。
そのため、友人から中古物件の見方の極意なるものを教わり、一生懸命に中古物件について勉強しました。

その甲斐あって、私が書いた最初のレポートは社内で好評を博したそうで、私は続けざまにまた一軒、もう一軒とレポートをお願いされるようになりました。
そして、今ではこの仕事がすっかりサラリーマンの副業として日常に根付くほどになりました。

今ではこの副業が自分の生活の一部となり、やり甲斐にもなっています。
お金を稼ぐという目的だけではなく、記事を書くこと事態が楽しく感じているのです。

記事を書くライターの副収入はどんなものか

さて、皆さんが一番知りたいのは報酬のことではないでしょうか。
私が行っているライターの仕事は高時給で高収入副業だと感じています。

では実際にサラリーマンの副業の報酬の方はどうなっているかと言うと、一度の取材ごとに取材費5千円とレポート費を合わせて1万円をいただいています。
もちろん交通費は別途に支給されます。
素人のライター仕事してはなかなかの高収入だと思います。

一日に数件の物件を回ることもあるので、その際には一日数万円も稼げるのですから、なかなか美味しいサラリーマンの副業だと思っています。
この仕事がもっと熟れてきたら、いつかは独立して、中古物件専門のライターとして幅広く依頼を受けたいとも考えています。
今はそのために精進あるのみです。

まとめ:自分に合った副業を見つけて始めよう

今回は私の知り合いのサラリーマンの副業事情についてご紹介させていただきました。
今も中古物件のレポート作成を行って副収入を得ているようです。

大切なのは副業の仕事にもやり甲斐を持って働けるかです。
仕事でも副業でもストレスを感じてしまってはお金を稼ぐのが辛くなってしまいます。

副業を始めようと考えているのであれば是非自分に合った仕事内容を選ぶようにしましょう。
生活スタイルや趣味、特色を活かせるものがオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ